• カネサダの開発

カネサダの開発

日本人にとっては、どこか懐かしく、あたたかさを感じる昔ながらの練り商品を、新鮮なおいしさでお召し上がりいただきたい。
カネサダでは、新しい発想を大切に、日々、商品開発を進めております。

定番商品「おかず市場」開発秘話

~こだわりの味、食感、パッケージ~

おかず市場は、味や食感はもちろんですが、特にパッケージにこだわっています。低価格の商品ながら、商品に合わせて専用のトレーをオリジナルで作りました。売り場で映え、商品がおいしそうに見える色や形にこだわって、何度も微妙な手直しをしてやっと完成しました。完成までに半年位はかかっています。値段は安くても、それ以上の価値があるお値打ちで質のよい商品を提供することにこだわったシリーズです。

ヒット商品「串王」開発秘話

~手軽にスナック感覚で~

この商品のそもそもの発端は、串に刺さった形状の商品を作るということから始まりました。社長がスーパーで売られている串に刺さったみたらし団子やあんこののった団子を買ってきて「こういう形、パッケージの商品を作ったらおもしろいんじゃないか」という一言がきっかけです。事実、直営店でも串揚げは売れていましたし、串に刺さっていてそのまま手軽に食べられるというイメージからお好み焼きのようなスナック感覚の商品はどうだろうかという案が出て、開発がスタートしました。1品だけでは商品として弱いので、同じようなイメージの食べ物であるお好み焼き味、ねぎ焼き味、チヂミ味の3品を出すことにしました。(今はつくね味がもう一品加わっています。)料理の本を見て、味付けに使われている調味料や具材を調べ、試作を始めました。本物のお好み焼きのように、ふわっとした食感になるようにレシピを考え、何度も試作と改良を繰り返して出来上がったのが今の串王です。