工場の生産体制

PRODUCTION SYSTEM

「おいしさに、安心と驚きを」を実現する、
カネサダの味づくりの現場。

OUR VISION

おいしくて、安心で、驚くような商品を届けたい。
そんな想いで企画・開発された商品を、クオリティ高く、正確かつ大量に作るのが生産工程です。
カネサダの想いを支える、味づくりの現場をご紹介します。

FACILITIES

竹輪の生産量は1日200万本以上。
距離にすると1年間で、
地球2周分を超える大量生産。

全国のスーパーに練り物をお届けするカネサダ。中でも竹輪は一番の主力商品で、1日200万本、年間7億3000万本以上もの竹輪を生産しています。大量の生産を可能にしているのは、国内トップクラスの製造ライン数。その数は本社・関東合わせて14ラインにもなります。どんな注文にもお応えできるよう、常に設備投資を行っています。

VARIETIES

ユーザーニーズに応える
400アイテムに及ぶ多品種生産。

さつま揚げなどの揚げ物、竹輪、はんぺん、かまぼこなど。カネサダが日々これだけ幅広く商品を展開出来るのは、これまで築いてきた独自のノウハウがあってこそ。その全ての工程で高いクオリティと安全性を保持しています。

PROCESS

  • 魚の原魚を細断

  • 原魚を粘りのあるすり身に加工

  • 竹輪のカタチに形成

  • 加熱工程へ

  • クオリティを高める
    低温熟成のすわり工程

  • 焼き入れ

  • 串抜き

  • 高性能冷却機で一気に冷やす
    約6分で85℃→5℃以下

  • 重量、焼き色等の
    製品チェック

  • 4〜6本の個包装

  • X線・金属探知機・
    ウエイトチェッカーにかけ
    最終製品チェック

  • 梱包作業

FACILITIES

2017年、カネサダは本社工場の大規模な改修工事を行い、設備を最新鋭のものへと刷新。
さらなるおいしさの追求、より一層の安心・安全の確保、従業員の労働環境の改善を図り、生産能力も従来の1.3倍を確保しました。加えて2020年には竹輪ラインを2本、揚げ物ラインを1本増設、関東工場にも縦ピロ包装機を1台増設し、お客様の期待に応えられる体制を確立させて来ました。

BALL CUTTER

原魚を真空状態できめ細かくミキシングすることが出来ます。擦り上がったすり身のクオリティがとても高いものとなりました。

KNEADER

擦り上がったすり身と野菜などの具材を混ぜる際に使用します。ゆっくりと混ぜる合わせることで、野菜からの離水を最小限に抑え、素材感を残したままおいしく加工ができます。

IH FLYER

8本あるすべての揚げ物ラインをガス式からIH式へと入れ替えました。油の温度管理が的確に行えるようになり、生産能力も1本当たり500キロ/hと大幅に向上しました。熱効率も良いので、現場の労働環境も大きく改善されました。

FREEZER

加熱後80℃以上の製品を、6〜7分の短時間で一気に0℃近くまで急速冷却。この工程が製品のクオリティを飛躍的に高めます。IQF処理が可能なフリーザーも稼働しています。

REFRIGENERATION PANNEL

壁面のすべてを冷蔵庫用のパネルで仕上げております。これにより室内の温度管理が厳格に行えるようになり、製品の品質向上に大きく寄与しています。

TOKYO FACTORY

本社みよし工場同様に関東工場にも最新設備を導入しております。
それにより日本各地に、高い安全性と品質を誇る商品をお届けしております。

  • 関東工場外観

  • 関東工場内観