品質管理体制

QUALITY & SAFETY

すべてはお客様のため。
安心と安全を追求するカネサダの品質管理の取り組み。

OUR VISION

お客様が召し上がる食品を作る私たちは、法令遵守はもちろん、それ以上の厳格な基準で、生産から配送までのプロセスを管理し、お客様に安全な食品をお届けしております。

食品安全に特化したグローバル規格「JFS-B」取得

JFS-B

食品安全に特化したグローバル規格「JFS-B」を両工場にて取得済み。食品の安心・安全を追求するため、食品安全の要件である食品安全マネジメントシステム(FSM)、ハザード制御(HACCP)、適正製造規範(GMP)で構成されたJFS規格を取得。更なる食品安全管理体制を構築しています。

国際標準規格「ISO9001」取得

ISO9001

ISO9001は、製品・サービスの一貫した品質を保証し、顧客満足度を高める品質マネジメントシステム国際規格です。カネサダは、食品加工の全工程を統一・標準化し、同規格を取得。いつでも安全安心な食品をお召し上がりいただける管理システムを確立しています。

「HACCP」に基づく衛生管理体制

HACCP

関東工場では食の衛生管理方法であるHACCPを構築し、出荷している製品の安全を守っています。HACCPとは、食品の安全を脅かす生物的・化学的・物理的な危害要因を事前に分析し、除去する国際的な管理方法です。

有名企業のプライベートブランド製造実績

PRIVATE BLAND

カネサダは、(株)セブン-イレブン・ジャパン様や、イオン(株)様と、プライベートブランドの共同開発を行なっており、「トップバリュ」などの商品の製造を担っています。例えば、イオン様の厳格な品質管理プロセス(AEON Supplier Code of Conduct(CoC))を遵守し、法令基準よりもさらに高い安全性で商品を生産します。

厳格な製品チェックとトレースできる体制。

VIRUS CHECK

全ての商品は、各製造工程で官能検査や細菌検査、成分分析にかけて異常がないか常時チェック。安全を客観的に確認したものだけを出荷し、お客様が安心して食べられるものをご提供します。また、万が一の問題が起きたとしても、どこで問題が発生したかをトレース(追跡)できるようにし、原因究明と再発防止につなげる体制を敷いています。

保管状況や作業環境へのこだわり。

ENVIROMENT

工場内包装ルームの空調を2017年に最新鋭のものに変更し、室内の温度コントロールを厳格化。また練り物を揚げる全ての大型フライヤーをガス式から電気式(IH)に置き換え、より商品の品質を均一化できるようにしました。この事により室温が安定し、従業員にとって安心安全な作業環境の改善にも大きく寄与しております。